ALM/CFTオフィサー・オーディター

自分のHP持ったらいつか自分が持っている資格とか、他の士業の先生の紹介とかやりたいなあ・・・と思っていたんですが、やっとその1回目が出来ることになりました。

予想に反して、1回目で紹介する資格はAML/CFTというこりゃまたマイナーな資格で、出来たばかりと言ってもよい資格でございます。自分が最高位のオーディターまで獲得するとは思ってみてもいなかったんですが、これはとある方からの支援もあり維持させていただいております。

で、その説明をば。

最近、銀行で新規で通帳を作ろうと思うとどえりゃーめんどくさい本人確認や、作る目的何ぞを聞かれることありませんか?
これは、日本、というより世界的にブラックなマネーが暗躍しており、悪いことしてGETしたお金を資金洗浄したり、また悪いことしたお金ではなくても中東地区のテロ組織に流れていることを防ごうということで、やってます。

FATFという国際組織が(詳しくはリンク先みてください)、世界中を審査して回っていて、去年日本に来て、そろそろ審査の結果発表があるころなんですが、新型コロナウイルスの影響でどっか行っちゃいましたね、ホンマに。

さてじゃ、その資格は何ぞや、と言う前に、AML/CFTについて・・・(ほんとこの資格、説明するのがながーーーい!)

AMLとは「Anti-Money Laundering(アンチ―マネーロンダリング)」の略で、反社会的勢力やテロ組織、犯罪者集団などによるマネーロンダリングや詐欺を防ぐための一連の対策のことを指しています。

CFTとは、テロ資金供与防止対策 (Countering the Financing of Terrorism)のことで、テロ組織に対する送金などを事前にストップさせる対策のことを指します。

で、この資格はこういう定義でございまして、で、下が認定証です。

この資格を維持するために1年間でレポートやら問題やらを解かねばならず、6月がquarterの締月なんですよね。で、6月も19日になってWEB講義見て、問題といて合格点取れなくて7回目でようやく合格点取れて・・・とかやっとったんですわ。いいのかおいら・・・。

それはともかく、金融機関も大変だなあと思います。

国際的にAML/CFTの要請が高まってくれば来るほど、現場にて顧客の選別をせねばならない・・・。顧客にはなんでそんな面倒くさいことせなあかんのや!みたいな苦情も来るし…

てなわけで、今日は軽くこういう話題をしてみました。はやく中小企業診断士やFP1級もやりたいなあ・・・。

お役立ち度★☆☆☆☆
社会貢献度★★★☆☆
コストパフォーマンス★★☆☆☆
自己満足度★★★☆☆
希少価値★★★★★

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP