専門家という病②~良き専門家の見分け方

どうもです。

そろそろこの仕事初めて2年2ヶ月になります。お陰様でしんどいながらも、楽しく仕事させていただいてます。

一方、「わしおさん、最近ピリピリしてますね」と言われることも多いんですが、これにはレッキとした理由があります。

それは

「専門家がくっちゃくちゃにしていったくせに、フィーだけはちゃっかりとって行ったというケースで、私が尻拭いをさせられる」ケース

が多くなってきたのですー、まじ泣けてくる。

具体的には

★創業は法人でするべきという持論があり、法人設立したはいいが、開業資金をそれがゆえに金融機関から借りれなかったケース。

★「事業承継はうちにお任せください」言うて大手コンサルファームに丸投げするにもかかわらず、高いフィーを取る金融機関

★また↑の大手コンサルファームは、実務担当は有資格者ではなく、単なる「係員」であるがゆえに、積極的な意見や提言が出来ず、かつ「社に戻って確認します」とはいうものの、いつまでたってもボスからの返答がなく、機を逸してしまうケース

★法人での資金調達が出来ず、結局は個人名義でのノンバンクでの借り入れとなり、個人情報が汚れてしまったケース。(これは私の意見は、ノンバンクで無理くり借りるくらいなら、借入を辞めておいた方がいい)

他・・・機会があれば直接お話します。ここで世界中に発信するのはいくら何でもやばい。

この問題、根が深くて、騙される(笑)人があとを絶ちません。ゆえに最近、年を取ってきたせいか

世直し

ということを意識しておりまして、このブログでもこんなの引っかからないでね?ということで発信している気持ちもあります。ほら、オレオレ詐欺とかそういう「自己防衛にかかる喚起」を行っていけたら、とかえらっそうに思っていたりします。

一方、クライアントのサイドで問題になるのが、人間には自分がは間違ってない、と思いたがる性癖が基本的にあるのです。私が指摘しても「あの先生は・・・」とかとか。

オレが高いカネを払った「立派な」先生が、無能であるワケがない。

ということになりがちなのですよね。

いわゆる「先生」と呼ばれる専門家を評価する手段はただひとつ

有能か無能か?

だけでしかなく、具体的には、企業そのものが利益追求を目的にしていることもあり、

支払ったフィー<利益増大額

でなければ、それはお金を払う意味がない、ということになります。

この話題は私が腹立ってる(わたしの地方ではこの状態を、ごうわく、と言います、語源は…わかりません)ので、また手を替え品を変え、言葉を換えてくどーくお話ししますが、

シンプルに言えば、この2つをクリアすれば、優秀なコンサルさんに頼んでいるのに悲劇が!!!という状態を避けることができます。

①専門家に対する評価基準の確立

②専門家を雇う理由。

実は、この2つは、経営を行っていく上でも大事な概念になります。

では、①から説明…と言いたいところですが、読みやすい長さと、また次回への期待を醸成させねばならないのが、こうしたブログの常ですので、このへんで!次回に続きます!

関連記事

  1. 専門家依存という病。その①私の言い訳
  2. 後払いと先払い~その1
  3. 危険物取扱者乙類4種合格した・・・かな?
  4. 補助金とか②~雑感
  5. ブログとメルマガ②~メルマガを外注に書かせる件&嘘と間…
  6. 通帳を見て大喜びの夫婦 融資調達で資金繰り支援をコンサルタントさんに頼んでよかったです!…
  7. 夢のマイホームとは?~その2・・・ROAと絡めて考える。
  8. ALM/CFTオフィサー・オーディター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP