資金繰り会議の今後の戦略会議 with chatGPT

【鷲尾】

最近思うんだけど、もうそろそろこの商売初めて4年を経過して、なんだか同世代やこの4年で40代になってしまったりした人もいて、年齢の経過を感じている。

最近鷲尾個人で思うのだが、若い人でスキルをのばしたいけど、まだ実力がない人を、私の仕事を手伝ってもらいつつ、育てたいという思いが徐々に出てきた。

例えば、今はサラリーマンだけど、将来何らかの資格を取り、独立したい人を想定しています。当面私の仕事を、副業かつ請負でサポートしてもらいながら、顧客折衝や、クライアントのニーズの捉え方などを学んでいってもらいつつ、資格の勉強も実務で覚えていってほしいとおもう。

ただし、今のパワハラ反対!とかいうような意見の方とは合わないかな?とも思っています。何らかのスキルを得るためには、相応の努力をせねばならないし、それを納得の上で自分に圧をかけていく方策が絶対に必要になってきます。例えばプロ野球選手をはじめとしたアスリートが毎日の相応に負荷のあるトレーニングを行わねば栄光はつかめないのと同じことで、楽な道に栄光はないと考えています。そのようなオッサンとともに切磋琢磨していきたいという若人と切磋琢磨したいという希望がある。

それについて、どうも最近若者との接点が少ない、てかどこにその人々がいるかわからない。

ただ、こっちの方も情報発信をせねばだれも分かってもらえないのもあり、まずはブログで私の考え方を述べていきたいと思いますが、このような考え方を加えた、記事の連載を考えるにあたり、大枠の企画が欲しい。

・資格の勉強は、実践で学びつつ、副業でお金ももらいながらやるのが良い。
・かつ本業にもよい影響を与える


【ChatGPT】
中小企業診断士である鷲尾が、若い人に対してスキルアップの機会を提供して、育成しようとしている素晴らしいアイデアですね。ブログで記事を連載することで、このアイデアを広く知らせることができます。

以下は、記事の企画案として提案させていただきます。

1.「副業をしながら、資格の勉強をするメリット」
この記事では、資格の勉強を実践で学びながら、副業でお金を稼ぐことができるメリットについて述べます。また、そのメリットが本業に与える影響についても解説します。

2.「中小企業診断士が若者を育成する意義」
この記事では、中小企業診断士が若い人を育成することが、企業や社会に与える影響について述べます。また、若い人にとってどのようなメリットがあるのかについても解説します。

3.「実務で学ぶ中小企業診断士の仕事術」
この記事では、中小企業診断士の仕事の中で、クライアント折衝やニーズの捉え方などの実務を通して、どのようなスキルを身につけることができるのかについて述べます。また、それらのスキルが独立した場合にどのように役立つのかについても解説します。

4.「中小企業診断士に必要なスキルと資格」
この記事では、中小企業診断士に必要なスキルと資格について述べます。また、それらのスキルや資格が、独立した場合にどのように役立つのかについても解説します。

5.「中小企業診断士が教える、若い人に必要なスキル」
この記事では、中小企業診断士が若い人に教えたいと考える、仕事やキャリアに必要なスキルについて述べます。また、それらのスキルが、将来のキャリアにどのように役立つのかについても解説します。

以上が、企画案の一例です。中小企業診断士が若い人のスキルアップを支援し、将来独立を目指す人を育成することを示しています。このような取り組みは、社会貢献度の高いものと捉えられ、中小企業診断士の信頼性や専門性を高めることができます。また、若い人にとっては、キャリアアップや将来の自己実現のためのサポートを受けられることで、ポジティブなイメージを持たれるでしょう。さらに、このようなアイデアが広がることで、中小企業の発展や経済活動全体の発展にもつながると考えられます。

【鷲尾】

では、「中小企業診断士が、若い人に対してスキルアップの機会を提供して、育成しようとしていアイデア」は、若い人に対して、具体的にどんな訴求ができるか。

【chatGPT】

このアイデアは、若い人にとって以下のような訴求があります。

1.スキルアップの機会がある:中小企業診断士から提供される仕事を手伝いながら、実践的なスキルを身につけることができます。

2.経験を積むことができる:仕事を手伝いながら、クライアントとの折衝やニーズの捉え方など、実務に必要な経験を積むことができます。

3.資格取得のサポートがある:中小企業診断士からは、資格取得に必要な知識やノウハウを学ぶことができます。

4.独立に向けた準備ができる:将来的に独立したいと思っている人には、中小企業診断士から学んだ知識や経験が、独立に向けた準備となるでしょう。

5.副業として働ける:現在はサラリーマンとして働いている人でも、中小企業診断士から提供される仕事は副業として働くことができます。

以上のように、中小企業診断士が提供するこのアイデアは、若い人にとってスキルアップやキャリアアップに向けた大きなチャンスとなることができます。

+++++

ということで、いま流行りのchatGPTを使いながら、私の想いを発信していきたいと考えています。うーん楽な時代になったなあ。

若い人募集!

関連記事

  1. 今年から伊和新聞に連載させていただきます。
  2. 四日市南高校でのワークショップ
  3. いまだにモラトリアムな私
  4. ブログとメルマガ③~このメルマガいいな、と思えるコンサルタント。…
  5. 地域を旅する楽しみ
  6. きんざい ファイナンシャル・プラン2019年12月号 くどいようですが・・・
  7. 帳簿と現金を「毎日」「合わせなければならない」のはなぜなのか?
  8. 中小企業庁の冊子「中小企業・小規模事業者支援 優良取組事例集」に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP