今年の漢字は何ですか?

まことに申し訳ございません。
あれほど書く!とか去年の年末?今年の年始?に言うてたはずなのに、なんと、3ヵ月も間が開くというこの失態・・・コアなファンの方には、本当にもう記憶のかなたに飛んで行ってしまった私かもしれません。まことに申し訳ございません。ぼちぼち書いていきます・・・。

が。

やっぱり、こうしてあほうな文章と言えども、自分の思っていることをつらつらと書いていくことは、自分のカタルシスにつながることであって・・・。補助金の申請書いてるときとは雲泥の差があるなあ・・・とかホント、書いてはならぬことを書いてたりします・・・。(最近自ら書いていないくせに・・・)

というわけで、ようやく書いてみる気になるくらいには余裕が出来て・・・はいませんが、ちょっと思い立ったので書いてみることにします。

ということで、タイトル。

昨日ですね、もう数年来のお付き合いになる美人姉妹・・・

こんな感じの姉妹・・・

こんな感じの、姉妹ではなくて母娘と、だいたい半年に1度、サイゼリヤで会食をするんです。今回は、今年もあと10日余りなので、忘年会名目でやりましたが、まああそこのワインは侮れません。かなり過ごしてしまいました。

そこで、妹の方が曰く

「今年を感じで表すと何ですか?」

みたいなことを聞いてきたので、うーんと考えた上で

ということを言うてみました。

ま、本当に広がりを持った1年だったな、と思うわけです。

仕事にしても、資金繰りだけではなく組織改善や人事絡みの話を「本気で」行うとか、新事業立ち上げにかかるマーケティング、さらには今流行りといってはいかんけど事業承継など、「財務」だけではない分野の依頼が舞い込むようになりました。

業種も高齢者介護施設の方や、障がい者施設の運営の方、さらには過疎地の活性化に寄与するNPOの方、などの社会問題の解決に真正面から取り組んでおられる事業者さんのご支援なんかもご縁をいただきました。逆に「資金繰り会議」の名を試されているような、メーカーの損益分析とかいう財務の根幹を依頼されたりして、これは久しぶりに鈍った頭をフル回転させて対応しております。

さらに、「拡」のテーマでうれしかったことは、こんな開店休業的なホームページを見て、さらにはこういう尖ったブログまで見て、アクセスしてくれる方がおられた、それも20代のうら若き女性ばかりという・・・(あ、複数ですよ、複数!!!)

そんなわけで、相変わらずインプットが少ない、というのが反省点です・・・。いやいやインプットは「付け焼刃」的なインプットしかできない私ですが、そんな私でも必要としてくれている人がいる、というのはありがたいことだと思います。

一方アウトプットなんですが、これも内々のアウトプットになってしまっていて、それを象徴するのがこのブログ。自分の考えていることや思いなんかを全世界に自由に発露できるような舞台が整ったのにも関わらず・・・なんだかこうして自ら過疎ってしまっているというか・・・。

10年ほど前、(身分を隠して)アメブロで尖ったブログを書いていたのに、それも下手すっと会社からツッコミが入るかもしれないのに、書いてた。今はこの体たらく・・・。

終わったことはしょうがないし、ちょっと目先を変えてこのブログも出来る限り、書いていきます。

今日はこの辺で・・・まだまだ書きたいこともありますゆえ・・・。

関連記事

  1. 「度を越す」ことについての雑感
  2. 旧交
  3. 「お客様は神様です」について考える①
  4. ブログとメルマガ③~このメルマガいいな、と思えるコンサルタント。…
  5. 事業承継キャラバン隊at名張
  6. 犬も歩けば棒に当たる
  7. 文豪を追って・・・
  8. 今年から伊和新聞に連載させていただきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP