四日市南高校でのワークショップ

昨日は私は三重県立四日市南高校で、”これからの社会でのキャリアと学び方について”というテーマで素晴らしいワークショップを行いました。ひょんなことで知り合いになった宗像さんのテクノ未来塾の主催で、また私とは全く分野の違う方々との交流も「私にとって」は毎年の大きな刺激を受ける恒例行事になってます。

私のためでない(笑)このワークショップは、文系と理系にこだわらず、高校1年生(=主役)たちが広い視野で自分の将来を見据え、勇気を持って学び続けるために企画されました。

特に我々おじさんたちとの対話を通じて、「これからの社会で働くことと学ぶこと」についてのディスカッションをしたのが印象に残ってます。

高校生たちは、将来の夢や職業についての目標を持っています。しかし、実際に社会に出てみると、その夢が変わることもあります。そして、それは決して悪いことではありません。私たち大人も、高校時代に描いた未来とは異なる道を歩んでいます。でも、大切なのはその道を楽しむこと、充実した生活を築くことです。それには、「これからの社会で働くことと学ぶこと」ということを今のうちから考えておくことは非常に重要なものになると考えられます。

私は彼らへの示唆として、失敗してもいい、ということを申し上げました。

高校生からの反応は、とても印象的でした。彼らは、「(あなたたちおっさんたちは)なりたい職業があっても、それが変わっても、楽しそうにしている」と言ってくれました。これは、夢を追い求めることも大切ですが、その過程を楽しむことの重要性を示していると感じました。未来は広がっており、夢が変わっても、新しい道で楽しさと充実感を見つけることができるのです、と改めて私がいうことではないですが、そういうことです。(ChatGPTを使うとこうなるんだよなあ・・・)

夢を持ち続けることも大切ですが、同時に現在を楽しむこと、失敗から学び成長することが未来への鍵であるということだったんですが、高校生たちは、どうやらそのメッセージを受け入れてくれたようです。

高校生たちが自分の言葉で話す姿を見ること、またそのあとのスタッフ同士の懇親会と、いつもと違う刺激を与えてくれる、私にとっても非常に刺激的なワークショップであり、これからも参加させていただけるのであれば、続けていきたいと思っています!

関連記事

  1. (続き)大みそかに考えてみます。
  2. 大みそかイブに考えてみます~2022年版
  3. 仲間を増やしたい私?
  4. 大晦日に考えてみます。
  5. 「度を越す」ことについての雑感
  6. 素人が助言をすることについて
  7. 帳簿と現金を「毎日」「合わせなければならない」のはなぜなのか?
  8. 「お客様は神様です」について考える①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP